ポークソテー。



昨日の晩ごはんは、豚肉のおろししゃぶしゃぶで
あまりたいした絵面ではなかったので
写真を撮りませんでした。

で、いつかのばんごはん。

ポークソテー、しめじと油揚げのお味噌汁、
ししとうとじゃこの炒め物。

***

以下、肉好きに思うひとりごと。
ちょっと長いです。

ポークソテーはいつも、甘いタレか、甘くないタレか、
はたまた塩こしょうかに迷うんですが
最近はかなりの確立で甘いタレにすることが多いです。

甘いたれというのは記憶にあるいかにもポークソテー
という味なんですが、安心する味です。

ポークソテーというのもまた、
結婚してから20数年、ほとんど作ってこなかったんですが
ここ最近、よく作るようになりました。

「今日は魚か、肉か?」という時に

私の方が「肉!」っていうことが多いんですが
ポークソテーをよく作るようになったこともあわせて
なぜ肉かと考えた時に
オットよりも若い、というのもありますが
やはり、晩ごはんに「お米」を食べなくなってから
お肉の方がおなかにたまりやすくて
満足感がある、っていうのがあると思います。

お魚の一切れではなかなかおなかが満足しない・・・

しかし、洋風の献立(このポークソテーのように)にすると
なかなかちょこちょこと副菜を組み合わせにくくなります。

メインがお魚一切れの方が、
ちょこちょことした副菜を思いつきやすいです。

肉好きに関するひとりごとおわり。

スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://db-darling.jugem.jp/trackback/1364
Track Back